補償/約款

補償内容の確認

陸送約款

個人情報保護

!最重要部分!
補償内容は必ずご確認下さい

 

― 補償規約(原付・自転車共通) ―

プラン名 補償の有無 概要
小破
車体/外装
機能上/性能上/安全上/法令上/社会通念上にておいて、日常使用に支障をきたさないと当店が判断した比較的軽微な損傷については、責任の所在や発生原因の特定、さらには、車体確認の際の記録義務/報告義務を負わない。また、同時に補償/賠償も免責される。
<小破の概念>
日常使いの殆どの車両に既存する、磨き傷/軽微な接触痕や擦傷/走行中の飛び石痕と同等レベルの損傷を指す。通常、修理も補修も交換も行われることのない軽微な損傷レベル。具体的には、軽微な線傷/擦傷/凹凸/ヒビ/破れ/曲り等の破損であり、かつ、破損部位、及び、車体全体の機能/性能/操作性/安全性/法令に影響が及ばないと社会通念上考えられる損傷レベル。
タイヤ
パンク/空気抜け

タイヤパンク/空気抜けについては引取時の正確な確認が困難なため不具合の発生理由に関わらず補償/賠償を免責される。

大破
車体/外装

機能上/性能上/安全上/法令上/社会通念上において日常の走行や使用に支障をきたすと当店が認めた損傷については、当店約款が定める車両別の補償限度額内において補償を行う。限度額を上回る修理費が見込まれる場合や、事情により修理修復が困難な場合には、該当車両と同程度の中古車の購入費用を、車両別の限度額を上限に補償を行う。

<大破の概念>
機能/性能/安全性に大きな影響を及ぼし、多くの人が修理補修を行わざるを得ないレベルの損傷レベルを指す。具体的には、該当部位の脱落/欠損/ぐらつき/機能喪失/広範囲のキズ/性能・操作性・快適性の低下等において、本来、該当部位が有している姿/機能/性能/操作性が大きく失われたか、全て失われていることが、社会通念上、誰の目にも明である状態。また、損傷の程度を問わず、安全性や法令に関わる姿/機能/性能が失われている状態。

当店過失による
紛失/消失
該当車両と同程度の中古車の購入費用(※4)を、車両別の補償限度額を上限として補償(※5)。
天災地変時
破損/消失
地震/津波/台風/暴風/竜巻/雹(ひょう)/噴火等の天災地変に起因する破損や消失については補償/賠償を免責される。
第三者による
損傷/盗難
第三者が引き起こしたことが明白な損傷については補償/賠償を免責される。盗難については個別の状況により当店と利用者による話し合いの上で解決するものとする。また、第三者による損傷/盗難が発生した際は、速やかに利用者に報告するとともに所轄の警察署まで届け出るものとする。
付属品/残留品 当陸送サービスは“車体”の輸送を提供するものであり鍵を除く付属品/積載物/残留品は全て補償の対象外とする。
車体の確認 車体の確認は引取時/引渡時の2回行う。確認方法は乗務員が車体から約1mの距離から目視にて行う(必要な場合は触手により行う)。確認対象は、前記による方法により目視にて容易に可能な車体外装の損傷/不具合/異常/汚れの類とし、例え損傷が確認されても当店が定める破損基準において小破に判定される程度の極軽微な損傷については、お客様への報告/伝票記入を省略する。大破、もしくは、安全上/法令上に影響を及ぼす破損が既存している、もしくは、預かり中に新たに生じた場合には、お客様と乗務員が互いに該当する損傷個所を現認し/損傷事実を伝票に記入して控えることとする。
補償対象の
主な外装部位
<車体外装のみ>

カウル/各種カバー/泥除け/前カゴ/ミラー/フード/ハンドルバー/各種レバー/各種ペダル/自転車チェーン/シート/タンク/灯火類/リフレクター/マフラー/キャリア/フレーム/ホイル/スポーク/その他、目視で確認可能な外装を構成する部材全般 ※原付底面/タイヤ(パンク)は補償対象外

補償限度額
  • 原付/税別20万円
  • 自転車/税別15万円
少破/大破
の判定方法
車体に新たな損傷が確認された時点(主に引渡し時)において、まず、該当破損が当店の定める小破/大破のどちらに分類されるか判定を行います(発生責任の所在に関係無く判定を行います)。(1)損傷による日常使用における影響/支障の有無(2)損傷の大きさや範囲(3)機能や性能損失の有無(4)安全性/法令上の観点の4点を中心に当店乗務員が判定を行います。その際、経済的価値損失の有無/精神的苦痛/お客様個人の主観は考慮されません。小破判定された場合は本約款/第6条/第2項により、例え該当損傷が当店の過失によって発生したとしても補償/賠償は免責されます。次に、大破と判定された場合には、発生理由/原因の調査を行います(調査はその場で行えない場合有)。当店に明白な過失が認められれば謝罪とともに当店約款に則した補償を行います。
異議申し立て 当店の損傷判定に異議がある場合には、着日から3日以内に当店ウェブページ内のお問い合わせフォームを利用して、その旨をご連絡下さい(電話不可)。寄せられた異議理由が当店約款/補償規約に沿った異議であると認められる場合は1度に限り再判定を行い、その結果を2営業日以内に通知します。また、再判定の結果が判明するまでは損傷個所は現状を保持して下さい。万一、修理修復を行った場合は、その時点で異議申し立ては無効化されます。さらに、再判定の結果にも異議がある場合は当店約款/第12条に基づく手段を唯一の解決手段とし、それ以外の如何なる交渉にも応じないものとします。
補償の終結 当店約款/第1条5号に基づき、車両お引渡し時に、お客様(荷受人様)立会いの元、配送伝票に受領サインを頂いた時点で、輸送契約が終結したものとします。契約終結後の、お客様間のトラブル・損傷・故障等に関わる一切の責に対し当店は関知しないものとします。

※補償内容は当店(指定工場/契約損保)が示す見積書/査定額が優先採用される

※修理工場や修理部材を利用者が指定することはできない

※修理部材はメーカー純正品か純正と同程度の機能や性能を有する汎用品を使用する

※補償費には車体や部品のプレミア性/慰謝料/代車料/交通費/一部諸経費は考慮されない

※実際の補償交渉/支払いに際しては当店が一任する第三者(提携損保)が行う場合がある

― 斉藤トランス/二輪車陸送約款 ―

斉藤トランス(以下「当店」といいます。)は、この約款に基づき、お客様のオートバイ/自転車(以下「車両」)を輸送します。ただし、別途協議を行い、お客様との間で契約を取り交わし、その契約に基づきます。

第1条(輸送契約)

(1)お客様は、当店に対し車両の「引取場所」「引取年月日」「車種」「全長」「改造の有無・内容」「付属物の有無・内容」及び「引渡場所」並びに「自力走行の可否及び不具合箇所」その他、当店が定める車両の輸送にかかわる必要事項を明示して輸送の申込を行うものとします。

(2)当店は、前項の申込を受けた際には、輸送の可否、輸送料金、及び、お支払い方法をお客様にお伝えします。また、当店は、不具合等のある車両については条件付で承諾することがあります。

(3)当店が申込を受けた車両(以下「本件車両」という)のお引取り時にお客様(荷送人様)立会いの元、配送伝票に預かりサインを頂いた時点で輸送契約は成立するものとします。

(4)輸送する車両は原付一種と自転車とし、原則として2輪タイプのノーマル車を対象とします。ノーマル状態と、全長、全副、全高、形状が異なる場合は、車両の引取りの拒絶や超過料金が加算されます

(5)車両お引渡し時に、お客様(荷受人様)立会いの元、配送伝票に受領サインを頂いた時点で、輸送契約が終結したものとします。契約終結後のお客様間のトラブル・損傷・故障等、一切の責に対し当店は関知しないものとします。

(6)車体以外の後付パーツ類・自作パーツ類・その他の付属品や残留物等(以下「付属品」)はこれを拒絶します。但し、該当する付属品が貴重品類(金銭、宝石、貴金属、美術品、有価証券等)では無いこと、車体にノーマル状態で設けられている防水機能を有する蓋付収納(メットインスペース等)に完全に収納されること、毀損が生じた際の当店への補償を完全に放棄することを条件に、車両との同時輸送を引受けるものとします。また、付属品がある場合は、契約時にお客様から当店への申告と、お引取り時の乗務員への申告が必要です。また、申告の有無に関わらず付属品の失毀損等の賠償請求を当店は負わないものとします。

(7)申込み内容に基づいた運行や集配が、お客様の責めに帰す事由により正常に行えなかった場合には超過料金が加算される場合があります。

第2条(引取)

お客様は、当店が本件車両を引取るまでに、本件車両内の金銭、宝石、貴金属、美術品、有価証券、パーツ類、各種書類、付属品類、その他経済的価値の有無に関わらず残存する全ての物品を撤去するものとし、お客様が撤去しなかった全ての残留物について当店は滅失毀損等の責任を負いません。

第3条(引取不能時及び引渡不能時の費用負担)

(1)当店が、お客様の申込み内容に基づき本件車両の引取を行おうとしたものの、お客様の責めに帰すべき事由により引取が不可能となった場合、当店が要した実費費用は、お客様にキャンセル料金、及び、その他の諸費用としてご請求致します。

(2)当店が、お客様の申込み内容に基づき本件車両の引渡を行おうとしたものの、お客様の責めに帰すべき事由により引渡が不可能となった場合、当店が要した実費費用はお客様にキャンセル料金、及び、その他の諸費用としてご請求致します。この場合、第4条【2】から【7】を準用します。

第4条(第三者への輸送)

お客様は、当店が本件車両を引取るまでに、本件車両内の金銭、宝石、貴金属、美術品、有価証券、パーツ類、各種書類、付属品類、その他経済的価値の有無に関わらず残存する全ての物品を撤去するものとし、お客様が撤去しなかった全ての残留物について当店は滅失毀損等の責任を負いません。

【1】当該第三者が本件車両の受取を拒否した場合でも、輸送に対する請求権は発生します。

【2】前号の場合、当店は本件車両を当店が定める物流センター等に持ち帰り保管するものとし、当店はお客様に対して実費費用を請求することが出来るものとします。

【3】当店は、お客様に受取が拒否された旨を連絡し、お客様は当店の指示する場所及び日時に従い本件車両の返還を受けるものとします。

【4】お客様は、本件車両の返還を受ける前に、本件車両の返還までに要する実費費用を直ちにお支払いいただくものとします。

【5】お客様が前号料金を支払わない場合には、当店は本件車両の返還を行わない場合があります。本体車両がお客様以外の所有であっても同様です。 

【6】当店が前【3】号に定める連絡を行い1ヶ月経過後も、お客様が本件車両を引き取らない場合には、当店はお客様に連絡することなく、当店の定める方法、時期、金額にて本件車両を処分し、その代金を当店のお客様に対する債権(本約款以外の契約に基づく債権を含む)に充当することができるものとします。

【7】本件車両処分に際し、費用が発生した場合は、処分までに要した処分費用(解体業者への支払など)はお客様のご負担とします。

第5条(善管注意義務)

(1)当店は、本件車両をお客様またはお客様の指定先に引き渡すまでの間、善良なる管理者の注意をもって管理するものとします。当店が輸送の安全を確保するために必要と判断した場合には、お客様に通知することなく付属物の取り外しなど必要な措置をとることができるものとします。ただし、お客様、または、お客様の指定先に引き渡す際には原状回復を行うものとします。

(2)お客様またはお客様の指定先が引取を行わなかった場合、自己のものと同一の注意を持って管理をすれば足りるものとします。

第6条(損害賠償責任)

(1)当店が、お客様、または、お客様の指定先に引き渡すまでの間に、当店の過失により本件車両に当店補償規約に定める大破に分類される毀損が車体の外装に生じた場合、当店は、原付一種、および、自転車のそれぞれに定めた車両別の補償限度額を上限に損害賠償を行います。ただし、該当する損傷レベルが当店の定める小破に分類される場合には賠償を免責されます。毀損の判定基準、判定方法、その他詳細につきましては、この約款とは別に定めた当店補償規約に沿って行うものとします。また、滅失が生じた場合には、下記の範囲でその損害を賠償します。

【1】本件車両の滅失
当店が契約する、販売店、修理工場、損害保険会社の査定に基づき、滅失した該当車両と同程度の年式・走行距離・車両状態の中古車両購入代金の相当額を、原付一種が税別20万円、自転車が税別15万円を上限に補償される。ただし、滅失理由によっては賠償を免責されます。また、当事者同士(お客様、当店、関係する第三者)が協議のうえ、決定、解決するものとします。

【2】本件車両の毀損程度<小>
本件車両に当店補償規約が定める小破に分類される毀損が生じた場合、発生理由を問わず、一切の損害賠償を免責される。

【3】本件車両の毀損程度<大>
(1)当店の過失により、本件車両に当店利用規約が定める大破に分類される毀損が生じた場合、当店は原付一種が税別20万円、自転車が税別15万円を上限に損害賠償を行う。賠償においては該当車両の毀損箇所の原状回復(修理修復)を行うことを優先するが、事情により原状回復が困難な場合や、原状回復に要する費用が車両別の補償限度額を超える場合には本条【1】号に定める賠償を適応するものとする。

(2)当店が、お客様、もしくは、お客様の指定先に本件車両を引き渡すまでに生じた事故等により、当店が第三者に損害を与えたときは、法律上の賠償責任の範囲内において、その第三者に対する損害を賠償します。ただし、事故等が本件車両の不具合に基づき生じた場合には賠償しません。また輸送途上で発生する車両の機能上の不具合、経年劣化による不具合についても賠償しません。

(3)交通事情、気象状況、乗務員の急病等、運行管理衛生上発生した納期遅延により時間的損失は賠償しません。

(4)(1)~(3)とも全て天災地変等不可抗力による場合、当店はその損害を賠償しません。

第7条(輸送料金の支払い)

(1)輸送料金は、輸送の申込みをされたお客様に、事前の銀行振込、または現金による元払い(引取時)にてお支払いいただくものとします。なお、当店がお客様に対して債務を有する場合には、当店は輸送料金と当該債務を相殺することができるものとします。

(2)本件において申込み内容に基づいた運行や集配が、お客様の責めに帰す事由により正常に行えなかった場合で、既定の諸費用では賄うことのできない立替払や諸費用等については輸送完了時に精算していただきます。

(3)申込み内容に基づき、事前の銀行振込みにて支払いを選択されたお客様は、速やかに当店指定の金融機関の口座に輸送料金が着金するように支払い手続きを行って下さい。その際の振込手数料はお客様負担とします。また、この場合、配送手配は着金後の開始となります。

(4)ただし、お客様と当店で協議を行い、(1)(2)(3)と異なる取り決めを行うことがあります。

(5)お客様都合による返金の際の手数料はお客様負担とします。

第8条(遅延損害金)

お客様の当店に対する輸送料金その他の債務については、その遅延の日から、完済に至るまで年10%の割合(年365日の日割計算)による遅延損害金を併せ支払っていただきます。

第9条(即時支払い)

お客様が次の各号の一つでも該当する事実が生じたときは、催告なしに期限の利益を失い直ちに輸送料金その他の債務全額を現金にてお支払いいただきます。

【1】輸送料金の支払いを怠り、その他この約款に違反したとき

【2】本契約以外のお客様・当店間の取引、またはお客様のグループ会社と当店間の取引の一つにでも期限の利益を喪失したとき

【3】営業の停止、取消の処分を受け、または営業を休・廃止したとき

【4】手形、小切手を不渡りにし、または支払いを停止したとき

【5】保全処分、強制執行、または滞納処分を受け、もしくは破産、会社整理、会社更生、民事再生手続きその他これらに類する手続き等の申立がなされたとき

【6】営業が著しく不振であり、または営業の継続に困難な事態が発生したとき

【7】お客様が、当店との間の信頼関係を破壊したとき

第10条(債権譲渡)

当店はこの契約に基づく債権を第三者に譲渡することがあります。

第11条(規定外事項)

この約款に定めのない事項、またはこの約款に関して疑義が生じたときは、お客様と当店が協議のうえ、決定、解決するものとします。

第12条(裁判管轄)

この約款に基づく契約に関するすべての紛争は、当店の本社所在地を管轄する地方裁判所を専属的な管轄裁判所とします。

― 個人情報保護に関する基本方針 ―

当店が、お客様に商品やサービスをご提供するにあたり個人情報を提供して頂くことがあります。当店はお客様の個人情報保護の重要性を深く認識し、お客様の個人情報保護なくしてお客様との健全なお付き合いはあり得ないと考えております。より一層のお客様との信頼関係を築くため、ここに当店としてのプライバシーポリシーを公開いたします。

□個人情報法の利用目的

当店ではお客様の個人情報を以下の利用目的で利用します

  1. 料金・見積もりの算出のため
  2. 円滑な配送サービス提供のため
  3. 本人確認のため
  4. 提携先運送業者への配送指示のため
  5. サービスの告知・統計・アンケートのため

□個人情報を当店以外に第三者に開示・提供する場合

  1. 提携先運送業者に配送指示を行う場合
  2. お客様の事前の同意・承諾を得ている場合
  3. お支払いの意思が無いと当店が判断した場合
  4. 法令に基づき提供に応じる必要に迫られた場合

□個人情報の開示・削除の請求方法

お客様が、ご自身の個人情報の開示や削除を求める場合には、当店は合理的な範囲内で
速やかに対応致します。開示・削除方法については当店までお問い合わせ下さい。
<個人情報取り扱いに関する窓口>
軽自動車貨物運送業/斉藤トランス
住所:静岡県島田市神座2564-497
TEL:0547-34-5181

□個人情報の適正な取り扱い

  1. 個人情報の取り扱いに関する日本の法令・規範を遵守します。
  2. 個人情報の適切な安全処置を講じることにより漏えい・改ざん・紛失に努めます。
  3. 当店は個人情報の取り扱いについて継続的に改善に努めます。

2016年8月31日制定
斉藤トランス
代表/齋藤功

TOPへ戻る